MONODUKI

KARATSU MONO HASHIOKI

唐津焼は、近世初頭から肥前国(現在の佐賀県および長崎県)に散在する諸窯で生産された陶器の総称です。西日本では一般に「からつもの」と言えば、焼き物のことを指すまでになり、とりわけ桃山時代には茶の湯の名品として知られ、「一楽二萩三唐津」などと格付けされています。

その歴史ある唐津焼を多くの人に知ってもらい、食卓で使ってもらうもの=KARATSU MONOの第一弾として、唐津焼の箸置きをデザイン・制作いたしました。

高価で高尚なイメージの唐津焼ですが、代表的な5種類の唐津焼を、どんなシーンにも合うシンプルでモダンな箸置きにしました。ひとつひとつが手作りのため、同じものが一つとしてございません。お手頃価格ですので、自分用に、ギフト用に、是非お買い求めください。

LINE UP|ラインナップ一覧

  • 三島唐津箸置き
    594円(税44円)

about us|MONODUKIについて

1つずつ作家の手によってつくられる焼物は、食事を「ご馳走」に変え、ココロを豊かにしてくれます。オンリーワンのものづくりを応援し、私が虜になったように、若い人達にも唐津焼の魅力に触れて使ってもらいたい。そうした想いから、焼物の産地 唐津で、ものづくりブランド「MONODUKI」を立ち上げました。

  • KARATSU MONO HASHIOKI
  • Sadamu Series

categories|カテゴリー